転売スクールの体験記No.4・・次世代せどりアカデミー

はじめに

お散歩せどりスクールで散々懲りたはずなのに、せどりの転売スクールにまたもや申し込んでしまいました。
せどりの王道は全数検索といって、お店にある商品を片っ端から調べ上げることなのは分かってはいたのですが、「ちょっとしたコツさえ分かれば全部調べなくても・・」と宣伝されているのを見て「そうなんだあ」と思って参加してしまいました。

あと、プロモーション動画で主催者の方が、一生懸命情熱をこめて、このスクールに対する思いを語っていたのも印象的でした。
参加費は159,840円でした。

伊藤忠商事の前のビルまで主催者の方に会いに行きました

輸出革命エキスポーターズでもお散歩せどりスクールでも受講する前に無料セミナーがあったのですが、こちらの転売スクールにはそういったものがありませんでした。

それをお金を払ってから気付いた私は、主催者の松木さんと直接会えると聞いて青山の伊藤忠商事の向かい側にあるビルまで訪ねてみました。
松木さんがずっと借りているとは思えませんでしたが、一時的だとしても結構なお家賃を払わなければならないと思われるビルの一室で、このスクールのプロモーションを担当しているチームの方と一緒に松木さんとお会いしました。

話すのはほとんどこのプロモーションを担当している男性の方で、松木さんはほとんど話されなかったのですが、この部屋をみて少なくても騙されている訳ではないなと安心しました。

カリキュラムが始まる前に「うまくいっていますか」と聞かれても

カリキュラムが本格的に始まる前に、このスクールの事務局の方から携帯に電話がありました。
何だろうと思いましたが、「うまくいっていますか」といったようなことを聞かれました。
「カリキュラムもまだ知らないのに行動しようがないです。」というようなことを言って電話を切りましたが、何だかちぐはぐなことをやっているなと思いました。

チームでスクールを運営されていることは、少し安心感を覚えましたが、カリキュラムの進捗も把握していない方では質問のしようがないと思いました。

次第に松木さんの情熱が失せてきているような・・・

カリキュラムの内容は、やみくもに全件調査をするのではなく、こういった表示がされているものが安く売られているのでチェックしてみましょうといった内容でした。

動画を見てやってみようとお店に行ったのですが、動画に出てくる表示があまり見つからないのでどうしたらよいかと思いました。
そこで、「お店で2時間くらい頑張ってみたが、買えるものとしたらコピー機が一件くらいなかった」といった質問をしてみました。

そうしたところ「一軒のお店に2時間もいるなんて信じられません」なんて回答が来るわけです。
「カリキュラム通りにやっているのに信じられないとはどういうことか」と返信すると、なしのつぶてになりました。

当初はチームで運営していたようですが、カリキュラムも終盤になると、松木さん一人でスクールをまわしているような感じになってきました。
転売スクールを開催している方に多いのですが、始めの方は熱意を込めてカリキュラムを始めるのですが、自分が想定したように結果を出す生徒がいないと「何で?」と思い、やる気がなくなる方も多いように感じます。

最初から騙すのを目的に人を集めるような人間は論外として、スクールを運営しようとする方々は自分のノウハウに自信を持っている方が多いように感じます。
また、このような方達は人から学ばすとも、自分でやりながらコツをつかんで独りでも稼げるようになってしまいます。

一方で、転売スクールに生徒として参加する方は、間違っても独りでも稼げるようになる器用なところなどゼロの人間がほとんどな訳です。
このような人間が、人様から何かを学んだところで、稼げるようになる確率はほとんどないと思います。
実際に数々の転売スクールに高いお金を払って参加しましたが、稼げるようになるのは全生徒数の内5%にも満たないのが相場だと思います。

まとめ

この転売スクールに参加したのはかなりの失敗でした。
店舗せどりが自分には合わないのはお散歩せどりスクールで分かっていたはずなのに、今思えばあまり深く考えずにお金を払ってしまったと感じています。
こういった転売スクールのプロモーション動画は、プロのマーケターの人がプロモーションをしているので、売り方がかなり上手なことも関係しているのですが・・・

また、いい転売スクールは「第〇期募集」とか何回か同じ内容のスクールを過去に開催しているように思います。
初回でズッコケてしまうと、次に募集する時には悪いうわさがたったり、主催者の方も自分が稼ぐよりも人に稼がせる方が段違いに難しいと感じてしまい、スクールを開催するのはこれっきりと思う方も多いと思います。

転売スクールに参加する時は、参加する前によほどしっかり吟味する必要があるといったお話しでした。

副業
経理マンをフォローする
経理マンの株式投資と副業と転職と

コメント