経理マンのプログラミングスクール体験記番外編・・TECH CAMP(テックエキスパート)

はじめに

こちらはプログラミングスクールの体験記「番外編」となります。
今までのプログラミングスクールの体験記は、私が身銭をきって参加したものですが「番外編」は訳あって申し込み直前に参加を見合わせたものです。

私がTECH CAMPのことを知ったのは、まだ「テックエキスパート」という名前だった頃の2018年でした。
当時の私は、会計システムを作ってWebサービスで提供しようとシステム開発をしておりましたが、開発環境の作り込みが概ね終わり、このシステムが本番環境で動くか検証しようとしておりました。
(この会計システムを作ってWebサービスで提供するまでのことはこちらの記事にまとめましたので、ご興味があればご覧ください。)

当時の私はHerokuというSaaSのサービスを使って本番環境を作るか、リリースした後のことを考えて初めからAWS(Amazon Web Service)で本番環境を作るか悩んでいました。

今となってはこんなことで悩んでいる暇があったら、さっさとHerokuでWebサービスをリリースして市場の反応を見るべきだったと思いますが、当時はリリースと同時にお客さんを集めて何年もサービスを提供することを妄想していたため、こんなことを悩んでいた訳です。

当時の私は、開発環境の作り込みが概ね終わったので一番難しいところは通り過ぎたと思っておりました。
本番環境の構築や運用など、決まった手順を踏んでいけば大した苦労もなく終わるのではと思って、Amazonで評価の高いAWSの本を一冊買ってやってみようとしましたが、そこまで甘くないといったことがすぐ分かりました。

TechAcademyのWebアプリケーションコースでの本番環境の作り方はHerokuを使うという一択しか想定されておらず、本番環境での運用を学ぶコースもなさそうでした。
そこでAWSでの本番環境の構築から、サービスをリリースしてからの運用まで教えてくれるようなスクールが無いかと探していたところ、「テックエキスパート」のサイトを見つけた訳です。

AWSを学べるコースがあったのですが、プログラミング初心者から始めてAWSの構築まで学ぶというコースで、値段が600,000円くらいだったと記憶しています。
私が知りたかったのはAWSの構築だけだったので、そのために600,000円を払うのはどうか・・・と思いました。
しかし、無料カウンセリングというものをしていただけることを知り、相談だけでもしてみるかと渋谷の教室まで出かけることにした訳です。

遅刻するなと要求しておいて・・・

無料カウンセリングを予約した当日はあいにくの雨で、時間も夜だったこともあり、教室を探すのに近くのお店の店員さんに道を聞きながら教室にようやく到着しました。
メールに「無断での遅刻・欠席はお控え下さい。」と書かれてあったので、時間ギリギリで到着した時はほっとしました。

教室は見た感じカフェを改装したのかな、と思うような教室で、おそらく30人くらいは入れるのではないかと思う広さだったと記憶しています。
「※当日は教室に着きましたら、上記のカウンセラーを受付よりお呼び出しください」とメールにあったのですが受付が見当たりません。
そこで、近くにいた方に無料カウンセリングに来た旨伝えると、二人くらいで話すためのブースに通されました。

しかし、担当の方がなかなか来ないのです。
30分近く待って「これ以上待っても無駄じゃない」と思い、そろそろ帰ろうかなと帰り支度を始めた時にやっと担当の方がやってきました。
お客さんには遅刻するなと要求しておいて、会社のスタッフは遅刻オッケーみたいな雰囲気はちょっと気分が悪くなりました。

いろいろ話を聞けたのはよかったかも・・・

怒ってすぐ帰るのも選択肢の一つだったと思いますが、それだと雨の中わざわざ渋谷まで道を聞きながらここまで来た意味がなくなります。
そこで、せっかくなので私が置かれた状況と、無料カウンセリングに来た理由を、その担当の方に話してみました。

すると、私では分からないので・・と言って、先ほどブースに案内してくれた方を連れてきました。
年の頃は25くらいかなと思う若い人で、この方もTechAcademyで勉強したみたいです。

私が置かれた状況を説明すると答えてくれたのが、まずシステムの運用なるものはプログラミングスクールで学ぶものではなく、会社に入って仕事をやりながら覚えることであるということです。
言われてみればもっともなことで、私がやるとしたらぶっつけ本番で経験を積んでいくほかないなと思いました。

あとAWSだけの講座もないとのことで、AWSだけを学ぶために600,000円は払えないなと思って、こちらもあきらめました。
しかし、現役でエンジニアをやっている人からお話を聞ける機会もあまりないので、これはこれでいい経験になりました。

まとめ

このTECH CAMP、私が無料カウンセリングを受けた頃にはあまり知らなかったプログラミングスクールでしたが、最近ではこの会社の社長である「まこなり社長」というYouTuberの方が炎上気味という動画をよく見ました。

また、少し前に職場を変える必要に迫られて転職活動をしている時にも、このTECH CAMPの運営会社である株式会社divという会社の求人広告を見ました。
結局書類審査も通らなかったようですが、いろんなところで縁があったり、お目にかかる機会が多いプログラミングスクールです。

コメント